研究内容

 

 本研究室が目指すのは、放射線の生体への作用・影響と生体の放射線に対する反応・応答を分子のレベルで理解すること、また、これを通じて原子力・放射線の安全・安心利用に貢献するとともに、医学・生命科学における無限の可能性を追求することです。

 臨床医との共同研究も盛んに行っています。また、放射線の特性を生かした新しい生命現象解析法の開発にも取り組んでいきたいと思います。