小栗研究室

東京工業大学 科学技術創成研究院 ゼロカーボンエネルギー研究所

工学院 電気電子系 原子核工学コース
実験風景

研究室の概要

高エネルギーの粒子ビームを発生するための装置である「加速器」は,主に原子核・素粒子物理学の研究手段として発展してきましたが,現在は原子炉と並ぶ原子力の強力なツールとなっています.
本研究室ではこの「加速器」から得られる高速のイオンビームや二次的に発生する放射線を用いて,将来のエネルギー問題,地球環境問題,医療技術等に関係した実験的研究を行っています.

本研究室は本学の

に参加し,大学院学生を指導しています.
【2023年3月で定年のため,新入生の受け入れはできません.】
いずれの場合も本拠地は東京都目黒区の大岡山キャンパスです.
以下にも説明があります: