尾上 順のホームページへようこそ


~ English ~


プロフィール

氏名 尾上 順(おのえ じゅん)
1985 大阪大学理学部化学科卒業
1987 大阪大学大学院理学研究科物理化学専攻博士前期課程修了
1987 松下電器産業(株)(現在 パナソニック)半導体研究センター 社員
1990 理化学研究所 研究員
1996 第28回日本原子力学会奨励賞、第2回DV-Xα研究協会奨励賞
1997 理学博士(京都大学)
1999 理化学研究所 先任研究員
2002 東京工業大学 助教授(原子炉工学研究所物質工学部門、理工学研究科原子核工学専攻)

2006 手島記念研究賞
2007 東京工業大学 准教授 現在に至る
2009 第7回DV-Xα研究協会学術賞


東北大学金属材料研究所 客員研究員(1998-2004, 2006-
東京農工大学 非常勤講師 [化学基礎1998-、量子力学概論2007-、反応速度論2010-2011]
東京大学 非常勤講師 [構造化学2004-]
大阪市立大学大学院 非常勤講師 [ナノ物質科学特論2007-]
成蹊大学大学院 非常勤講師 [物質・ナノサイエンス特論II 2009-](2009-)
科学技術振興事業団さきがけプログラム「ナノと物性」研究員(兼任)(2002-2006
(株)レック・アール・デイ(理研TLO)リエゾン・コンダクター(2003-)

現在の研究分野:エキゾチックナノカーボンの科学と環境・エネルギー・バイオ(医療)応用、原子力材料の量子設計
所属学会:日本化学会、日本物理学会、応用物理学会、DV-Xα研究協会、アメリカ物理学会、日本MRS、フラーレン・ナノチューブ研究会、ナノ学会、日本原子力学会、電気学会、アメリカ材料学会(MRS)、分光学会


研究略歴

1985-1987 半導体微粒子光触媒反応に関する研究
(大阪大学産業科学研究所、指導教官:川合知二教授)

1987-1989 16Mb DRAM用配線材料の開発研究
(松下電器産業・半導体研究センター・半導体基礎研究所)

1990-2002
1) 重原子系化合物に関する理論的研究(相対論効果など)(1992-)
2) 新しい多面体構造をもつ炭素物質相の創成とその構造・物性に関する研究(1996-)
3) クラスターを用いた表面ナノ構造の創製と電子物性に関する研究(1997-)
4) 特異構造をもつ新規機能性クラスターの探索(1999-)
(理化学研究所)

現在の研究テーマ
1) リーマン曲面量子物性学の学理構築と環境・エネルギー応用
2) ナノ集積機能科学を基盤とするエネルギー変換機能
3) 相対論量子化学に基づく原子力材料量子設計
(東京工業大学・尾上研究室)


研究業績

研究プロフィール
原著論文
プロシーディングス
総説・ 解説・本など
特許
講義
外部競争的資金
1997年度の誌上・口頭発表
1998年度の誌上・口頭発表
1999年度の誌上・口頭発表
2000年度の誌上・口頭発表
2001年度の誌上・口頭発表
2002年度の誌上・口頭発表
2003年度の誌上・口頭発表
2004年度の誌上・口頭発表
2005年度の誌上・口頭発表
2006年度の誌上・口頭発表
2007年度の誌上・口頭発表
2008年度の誌上・口頭発表
2009年度の誌上・口頭発表
2010年度の誌上・口頭発表
2011年度の誌上・口頭発表
2012年度の誌上・口頭発表

学位論文
受賞
招待依頼講演・所外活動ほか


大学院生/PD大歓迎(21世紀COE研究教育拠点)!!


大学院入試情報


写真集(仕事とは関係ありませーん)


 

 

jonoe@nr.titech.ac.jp