千葉 敏研究室

  • 日本語
  • 英語
千葉 敏研究室
千葉 敏研究室
千葉 敏研究室
はじめに

原子力は中性子が媒介して生起する核反応を制御して物質の質量をエネルギーに変換する技術ですが、その燃料となるウランやトリウムの起源は、重い星が進化の最後に起こす超新星爆発の際に起きる中性子核反応で、それは宇宙の化学的進化を理解する上で重要な要素です。また、中性子と原子核の反応を使ってガンを治療したり、診断のための創薬の研究も進んでいます。原子力は総合理工学ですが、中性子による核反応という観点からだけでも、理工医薬学等の多くの分野の関連を有機的に理解することができます。

我々は原子力を核反応基礎工学と捉え、工学的視点から、その基礎となる原子核反応に対する理解を深めて、原子力の安全性を高めるとともに原子核の持つ様々な性質の新しい応用の可能性を探り、さらに自然を理解することを目的とします。主として理論、計算科学的な活動を現象論、シミュレーション、微視的手法など、様々な方法を駆使して行いますが、片渕研究室や原子力機構と協力して行う原子核実験も視野に含みます。汎用粒子線輸送シミュレーションコードの応用と高度化も重要なテーマです。<続き>

お知らせ

What's New

「高速スペクトル炉を用いる核変換による長寿命核分裂生成物の削減方法」がScientific Reportsのおすすめコンテンツに選ばれました。

■C. Ishizuka, et al., "Four-dimensional Langevin approach to low-energy nuclear fission of 236U"がプレス発表されました。
→東工大HP「核分裂時の原子核形状を把握するモデルを開発 ―核変換システム高度化や核分裂メカニズムの全容解明に道―」

→東工大HP(English) "New model considers an extra factor to improve our prediction of nuclear fission"

■論文掲載されました。
・C. Ishizuka, et al.,“CHARGE POLARIZATION AND THE ELONGATION OF THE FISSIONING NUCLEUS AT SCISSION” Romanian Reports in Physics 70, 202 (2018)
・M. D. Usang, et al., "Analysis of the total kinetic energy of fission fragments with the Langevin equation” Phys. Rev. C 96, 064617-1-13 (2017)
・C. Ishizuka, et al., "Four-dimensional Langevin approach to low-energy nuclear fission of 236U", Physical Review C 96, 064616-1-9 (2017)

■文科省原子力システム研究開発事業により受託している研究 『高速炉を活用したLLFP核変換システムの研究開発』での研究成果が掲載されました。
→Nature社の学術誌Scientific Reportsに掲載されました:"Method to Reduce Long-lived Fission Products by Nuclear Transmutations with Fast Spectrum Reactors"
→日経産業新聞 「核廃棄物、高速炉で処理 東工大が考案 別の物質に変換」
→科学新聞 「長寿命核分裂生成物を飛躍的に短寿命化」
→日経電子版

→海外の250近いメディアにも紹介されました。
→東工大ニュース

■「高燃焼度原子炉動特性評価のための遅発中性子収率高精度化に関する研究開発」での研究成果 が掲載されました。

→科学新聞 「核分裂時の原子核のちぎれ方解明」
→大学ジャーナルオンライン 「核分裂における原子核の“ちぎれかた”を解明 東京工業大学」
→日刊工業新聞 「原子核のちぎれ方捕捉- 核分裂 加速器利用・理論計算」
→電気新聞 「原子核『ちぎれ方』観測 原子力機構など半減期短縮研究に寄与」
→東工大ニュース「核分裂における原子核のさまざまな“ちぎれ方”を捉える ―放射性物質の毒性低減に貢献―」

■2017年12月 日本原子力学会誌「アトモス」Vol.60 No.12に西尾勝久氏(日本原子力研究開発機構)と千葉敏(東工大)の解説記事「連載講座 第3回 核分裂データの最前線:実験と理論 核データ研究の最前線〜たゆまざる真値の追究、そして新たなニーズへ応える為に〜 」が掲載されました。

■2017年11月 2017年度核データ研究会にて餌取篤彦君が最優秀ポスター賞を受賞しました。

■2017年11月 日本の研究.comで、本学における5年間の研究費獲得額で18位にランクされました。

■2017年9月 Mark Dennis Anak Usang君と寺島敦仁君が平成29年度日本原子力学会核データ部会奨励賞を受賞しました。

■2017年4月 ミニワークショップ "Fission2017 in TT" を開催しました。

■2017年3月 城島洋紀君が核友会賞を受賞しました。

■2017年3月 岩田順敬研究員が「第14回日本原子力学会 計算科学部会 奨励賞」を受賞しました。

■千葉先生のインタビュー記事がアトモスに掲載されました:
サイエンスよみもの(インタビュー編) 「核分裂の物理学 -わかったこと、まだわからないこと-」
日本原子力学会誌「アトモス」 Vol. 58, pp36-40(2016)。

■下:餌取君が計算したAMD(反対称化分子動力学)による12C(72MeV)+27Al反応のアニメーション

研究紹介

■文科省原子力システム研究開発事業により受託している研究 『高速炉を活用したLLFP核変換システムの研究開発』
→日経新聞  →海外向けプレスリリース →東北大  →東工大( 日本語)  →東工大( 英語) 

→Scientific Reports オープンアクセス

■重イオン反応による新たな核分裂核データ取得方法を確立―核分裂現象の解明にも道― →東工大

■レーザーコンプトン散乱ガンマ線を用いて50年前に予言された光核反応理論を実証

■宇宙核時計「ニオブ92」の起源は超新星爆発ニュートリノであることが解明 →東工大→国立天文台

国際会議

■CNR*15 International Workshop on Compound Nuclear Reactions, Oct. 19 - 23, 2015 at Tokyo Tech

Page Top