研究所案内 研究内容 研究室紹介 広報・イベント 教員公募 教授会議事概要 リンク アクセス


第28回学術フォーラム「多価値化の世紀と原子力」開催案内
日  時

平成20年2月18日(月曜日)18:30−21:00

場  所

東工大 大岡山キャンパス 百年記念館3F フェライト会議室

プログラム

18:30ー18:40 開会挨拶
18:40−20:00 講演
  講演題目:「モーリーが語る足で稼いだ国際情勢、そして核の問題」 
  講  師:モーリー・ロバートソン (ジャーナリスト、ミュージシャン、ラヂオパーソナリティ)
20:00−21:00 自由討議 

講師紹介 アメリカ人の医師(広島の放射線影響研究所に在籍されていた)と日本人ジャーナリストのロバートソン黎子の間に生まれる。ニューヨーク生まれだが、両親の転勤で、アメリカと日本・広島と富山に転校を繰り返した。日英2カ国語を喋る。どちらの言葉でも訛りは無いが、若干日本語に偏った発想で喋るようになったので、英語インタビューの最中にためらうことがある。世界各地の政治や文化に詳しい。朝鮮語や中国語の単語も数多く知っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/モーリー・ロバートソン
講演の趣旨 ごく最近、チベット、ウイグルを訪問するほか、沿ドニエストル共和国に強い関心を持ち、大国と流動化する小国・地域の問題に鋭く切り込む。これらの問題に、核、原子力、放射線が多様な形で絡んでいることを肌で感じ取っている。
・・・といった点に鋭く切り込んで語っていただく予定。
http://ja.wikipedia.org/wiki/沿ドニエストル共和国
i-morley:
ポッドキャスト
先日モーリーさんと池田さんが、インタビューに研究室を訪れました。2時間に及ぶロングトークでしたが、モーリーさんと池田さんが話を引き出すのがお上手で、まあまあ聞くに堪えるかなと思っています。
下記のエントリーでポッドキャスト番組として公開されています。前編・後編に分けた形で、以下の2つのブログ・エントリーに掲載されてます。普通のPCでお聞きになれます。
前編 http://i-morley.com/blog/2008/01/post_1244.html
後編 http://i-morley.com/blog/2008/01/post_1245.html
i-morleyブログ
→Green Peaceへのコメント
http://i-morley.com/blog/
にグリーンピースの「STOP!再処理 こんなものいらない! ―危険、ムダ、不経済―」
にコメント(反論)を寄せました。
このブログには、他に原子力に関するリスナーの意見も掲載されていますので、併せて読んでいただければ幸いです。
参加費 無料
参加申し込み 氏名、所属、電話、電子メールアドレスを下記までメールでお送
りください。
参加申し込み先 tetsuo@nr.titech.ac.jp
その他 ※講演後、近くの居酒屋で懇親会を行います。こちらにもふるって御参加ください。